北欧の伝統的な民族衣装は、たくさんの種類があります。というのは、国によって違うだけでなく出身地ごとの特徴があって、少しずつ違うからです。
わたしがそんな北欧の民族衣装を初めて見たのは、日本在住のノルウェイの方々が着ているものでした。

bunad medium_4614965825
         photo credit: ingermaaike2 via photopin cc

写真はノルウェイ本国のパレードのものと思いますが、ブーナッドと呼ばれるこの伝統衣装、刺繍がきれいでどの年代の人が着てもよく似合っています。ノルウェイの方々がこの衣装を着る日の一つが1814年5月17日にノルウェイの憲法が制定されたことを祝う「憲法記念日」です。
この日には多くのノルウェイ人がブーナッドを着て国旗を持ってパレードをするそうです。

norway costume medium_1278224549
          photo credit: arnybo via photopin cc

上の写真はそのパレードの様子。男性の衣装も素敵ですね。
日本在住のノルウェイの方々にとっても、この憲法記念日は大切な日。知人たちもその日は一つのところに集まり、それぞれブーナッドを着てお祝いをしていました。

民族衣装を着ることは正装することでもあります。昔、クリスマスイブの夜にたまたま用事があって、当時日本に住んでいたノルウェイ人家族のお宅にちょっと立ち寄ったことがありました。そこは若いご夫妻とまだ小さな子供さんが二人のご家庭でしたが、玄関に出てきたご夫妻はブーナッドを着ていて、家族でクリスマスの食卓を囲もうとしていた様子でした。

クリスマスの時にもこうして民族衣装を着ることがあるんだ!と新鮮な印象を受けました。
pb children-588880_640
日本人がお正月に着物を着るような感じに似ているのかもしれませんが、自分の国を離れて異文化の中で暮らしていたご家族なので、子供たちにノルウェイ人としての意識や伝統を伝える意味でもブーナッドを着てクリスマスを過ごしていたのかもしれません。

sw woman-365382_640

こちらはスウェーデンの民族衣装だそうです。(もちろんスウェーデンでも各地方によって違いがあると思います。)刺繍と同じ花を髪につけているのがいいですね♪

民族衣装はどの国のものでも、誰もが一番似合う服だなと思います。子供でも若者でも年配の人でも、民族衣装を着るとその人がとても引き立ちますよね。
日本在住の北欧の方々も皆、自分の民族衣装を着ているときは嬉しさと誇りが笑顔にあらわれていました。


こちらは↓北欧を含め、ヨーロッパの刺繍についての書籍。



楽天ブックスではこちら。>>「ヨーロッパのかわいい刺繍」


民族衣装についてはこんな本も。北欧ではフィンランドとスウェーデンの民族衣装が載っています。



楽天ブックスではこちら。>>「世界のかわいい民族衣装」


さて、フィンランドの民族衣装(Puku、プクと呼ばれるそうです)についてはすごいサイトがあります。
地域別にアルファベット順に分類されていてそれぞれの地域の衣装の画像を見ることができるのです。なお、こちらはフィンランド語のサイトです。

フィンランドの民族衣装のサイト


最後は、サーミの人たちの民族衣装。とても美しいです。フィンランドについて取材したテレビ番組で、サーミ人の方々の生活や文化が少し紹介されているのを見たことがあります。北極圏の先住民族であるサーミの人たちは今はノルウェイ、スウェーデン、フィンランド、ロシアのそれぞれの北極圏に住んでいるそうです。

pp sapmi mandw medium_7007633352

         photo credit: Tarja Ryhannen Mitrovic via photopin cc

伝統的な衣装は何代も引き継がれていくものもきっと多いのでしょうね。
わたし自身は、自分の着物一着さえ持っていないので・・こんな風にいろんな民族衣装を見ていると、自分の誇りとなる衣装があることにちょっとうらやましくなりました。


★「BookLive」で北欧関連の電子書籍を。
Bookliveは国内最大級の総合電子書籍ストア。お持ちのスマートフォン、タブレット、パソコンからいつでも本を購入し、そのまま端末上で読むことができます。

>>BookLive 北欧関連の電子書籍


★最近、北欧・バルト三国などの古書を扱っておられる、「旅する本屋 古書玉椿(OLD BOOKS TAMATSUBAKI)」という書店さんを知りました。とても素敵な雰囲気のサイトです。

http://tamatsubaki.net/

サイト内のブックカテゴリ(Book categories)の「手芸」→「北欧の手芸書」「スウェーデンの手芸書」「デンマークの手芸書」などのバナーをクリックすると、民族衣装が載っている古書が販売されている時があります。



北欧生地/ファブリックパネル/カーテン/インテリア雑貨の通販ショップ【Puolukka(プオルッカ)】

      


ご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村